【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は31日、英製薬大手アストラゼネカが新型コロナウイルスワクチンの3月末までの供給量を900万回分追加するとツイッターで明らかにした。3月末までにEUが供給を受けるのは計4000万回分となる。アストラ社が欧州での生産力を増強するとしている。
 アストラ社は1月22日、ベルギー工場の生産の問題を理由に大幅な供給減をEUに通告。欧州委は、契約に従って供給を増やすよう求めたが、協議は難航していた。報道によると、当初は3月末までに少なくとも8000万回分が供給される予定だった。今回の追加を含めても5割にとどまっている。
 欧州委は1月29日に同社ワクチンを承認。同社とは最大4億回分を購入する契約を結んでいる。 (C)時事通信社