自民党の二階俊博幹事長は26日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン確保の時期をめぐり、担当閣僚である河野太郎規制改革担当相と坂井学官房副長官の発言が食い違ったことに苦言を呈した。二階氏は「論評するに至らないことだ。発言を片方が取り消すとか面倒くさい。よく調整してもらいたい」と述べた。 (C)時事通信社