【ワシントン、ベルリン時事】バイデン米大統領は25日、就任後初めてドイツのメルケル首相と電話で会談し、両国関係の強化に努める意思を伝達した。前日のフランスのマクロン大統領との電話会談に続き、トランプ前政権で温度差の目立った欧州連合(EU)主要国との関係を改善していく姿勢を示した。