加藤勝信官房長官は27日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチンを接種していない人に対し飲食店などへの入店制限を設けることについて、「接種の有無を公表させるとか、接種の有無により不利益な取り扱いが行われるということは適切ではない」と述べた。 (C)時事通信社