経団連と連合の両会長が27日午前、東京都内で会談し、2021年春闘をめぐり意見交換した。新型コロナウイルス感染急拡大で社会や経済環境が激変する中、基本給を底上げするベースアップ(ベア)の必要性などを訴えた連合側に対し、経団連側は働きがいを重視していく考えを主張。賃上げをめぐる両者の溝は例年以上に大きく、今春闘は難しい交渉が予想される。<p><img src="http://web.j-cats.jiji.com/contents/ip-ibg-m/join_medical/20210127at13S_t.jpg"></p>