国民民主党の玉木雄一郎代表は28日午前の記者会見で、新型コロナウイルス対策の特別措置法改正案に盛り込まれた、緊急事態宣言の前段階の「まん延防止等重点措置」について、「罰則を落とすことが賛成条件になる」との考えを示した。