【シカゴ時事】米航空機大手ボーイングが27日発表した2020年通期決算は、純損失が118億7300万ドル(約1兆2300億円)となり、2年連続で赤字を計上した。墜落事故や、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う航空機需要の低迷が業績を圧迫。赤字幅は前年(6億3600万ドル)から大きく拡大し、米メディアによると過去最大となった。<p><img src="http://web.j-cats.jiji.com/contents/ip-ibg-m/join_medical/20210127at76S_t.jpg"></p>