【ワシントン時事】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は27日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンを接種したと明らかにした。FRBはワクチン接種の広まりが景気回復のカギを握ると見ており、議長自らが重要性を示した形だ。<p><img src="http://web.j-cats.jiji.com/contents/ip-ibg-m/join_medical/20210128at34S_t.jpg"></p>