自民、公明両党議員が緊急事態宣言下の午後8時以降に東京・銀座のクラブを訪れていたことをめぐり、28日の衆院議院運営委員会理事会で、立憲民主党の小川淳也氏は与党の対応について「国民に対する示しの付け方として不十分ではないか」と批判した。