日本航空は28日、3月の国際線の運航について、事業計画比の減便率を77%にすると発表した。4月1~15日は75%と設定。新型コロナウイルス流行に伴う出入国規制は依然として続いており、国際線利用は低迷している。 (C)時事通信社