新型コロナウイルス感染症対策やコロナ収束後を見据えた経済対策を盛り込んだ2020年度第3次補正予算は、28日夜の参院本会議で自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。一般会計の追加歳出は21兆8353億円で、このうち追加対策は19兆1761億円。医療機関への支援やワクチン接種体制の整備などに充てる。<p><img src="http://web.j-cats.jiji.com/contents/ip-ibg-m/join_medical/20210128at69S_t.jpg"></p>