JR西日本が28日発表した2020年4~12月期連結決算は、純損益が1618億円の赤字(前年同期は1171億円の黒字)となった。4~12月期での赤字は四半期決算の開示を始めた03年以降初めて。新型コロナウイルスの影響で鉄道の運輸収入が半減、鉄道以外も不振だった。