セイコーエプソン=2021年3月期連結業績予想(国際会計基準)について、売上収益、営業利益、純利益をそれぞれ上方修正した。新型コロナウイルス感染拡大を受けた在宅での勤務や学習の広がりなどでプリンター需要が増加。大容量インクタンクモデルを増産するほか、インク販売が堅調に推移すると見込む。