菅義偉首相は28日未明、バイデン米大統領と約30分間、電話会談した。日米同盟のさらなる強化を確認。ワクチン供給など新型コロナウイルス対策や、脱炭素を含む気候変動問題で連携する方針でも一致した。ただ、新型コロナ感染拡大の影響で、首相が目指す早期訪米は不透明なまま。開催を危ぶむ声がある東京五輪・パラリンピックも話題に上らず、今後に不安を残した。<p><img src="http://web.j-cats.jiji.com/contents/ip-ibg-m/join_medical/20210128at58S_t.jpg"></p>