立憲民主、共産両党は29日、政府が国会提出した感染症法改正案に懲役などの刑事罰を盛り込んだ経緯を追及するため、「野党感染症部会議事録調査チーム」を立ち上げ、厚生労働省からヒアリングを行った。両党は、感染症部会で慎重論が多数だったにもかかわらず、政府が「了承を得られた」と説明していることを問題視している。