日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は29日、相撲記者クラブの代表取材に応じ、新型コロナウイルスに感染していた九重親方(元大関千代大海)が退院したことを明らかにした。九重部屋では初場所(10日初日)前から力士らに感染が相次ぎ、師匠の九重親方は20日に入院していた。 (C)時事通信社