菅義偉首相は29日、「世界経済フォーラム(WEF)」のオンライン会合「ダボス・アジェンダ」で講演した。新型コロナウイルス感染収束後の「成長の原動力」として、脱炭素社会の実現や社会のデジタル化など自身の看板政策をアピール。自由で公正な経済圏の拡大や自由貿易体制の強化に向けて「主導権を発揮する」と強調した。 (C)時事通信社<p><img src="http://web.j-cats.jiji.com/contents/ip-ibg-m/join_medical/20210129at71S_t.jpg"></p>