新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の再発令を受け、東京・豊洲市場(江東区)では、マグロなど高級魚を中心に再び売れ行きが落ち込んでいる。年明けで魚の入荷が少ない時期に、飲食店の休業や営業時間短縮でまたも需要が激減。価格も下がり、市場業者からは「少ない・安値」の二重苦に悲鳴が上がっている。<p><img src="http://web.j-cats.jiji.com/contents/ip-ibg-m/join_medical/20210130at02S_t.jpg"></p>