JR東海=2020年4~12月期の連結業績は、売上高が減少したほか、経常、営業、純損益がいずれも赤字。新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が広がり、東海道新幹線の利用が低迷したことが響いた。