ANAホールディングス(HD)が、新型コロナウイルスの感染再拡大で大幅な減便を強いられる中、5100億円の連結純損失を見込む2021年3月期の業績予想を据え置いた。来期はコスト削減を急いで黒字化を目指すシナリオを描く。しかし感染再拡大により、通期見通しの前提とした旅客需要の達成は既に困難な情勢。コロナ禍の収束時期は見通せず、一段のコスト削減を迫られる局面も出てきそうだ。