【ワシントン時事】米商務省が29日発表した2020年12月の個人消費支出(PCE)は前月比0.2%減と2カ月連続のマイナスとなった。新型コロナウイルスの感染再拡大、コロナ経済対策の遅れが響いたもようだ。
 個人所得は0.6%増と3カ月ぶりのプラスだった。
 市場予想(ロイター通信調べ)はPCEが0.4%減、個人所得が0.1%増。 (C)時事通信社