自民党の下村博文政調会長は31日のNHK番組で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言について、2月7日までの期限を延長する場合は、追加経済対策を検討する考えを示した。「解除できない状況にあるとしたら、(支援の)深掘りや延長、税金や社会保険の猶予など、あらゆる手だてを考える必要がある」と述べた。