【北京時事】中国・海南航空を中核とする複合企業の海航集団は29日、経営破綻したと発表した。急激な拡大戦略が裏目に出て資金繰りが悪化する中、新型コロナウイルス流行に伴う旅客の減少が追い打ちとなり、経営に行き詰まった。