【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は31日、関係筋の話として、米石油大手エクソンモービルと米同業シェブロンが昨年、合併の協議をしていたと報じた。協議は予備的なものにとどまり、その後立ち消えになったが、将来再開される可能性もあるという。
 昨年以降、新型コロナウイルスの世界的感染拡大により、エネルギー需要が減退し、両社の経営は圧迫されている。同紙によれば、エクソンのウッズ最高経営責任者(CEO)、シェブロンのワースCEOがコロナ禍を受けて合併を協議した。 (C)時事通信社