新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言下の深夜に東京・銀座のクラブを訪れていた公明党の遠山清彦前幹事長代理(51)が1日、衆院議員を辞職した。自民党の田野瀬太道文部科学副大臣(46)と大塚高司国対副委員長(56)が松本純元国家公安委員長(70)のクラブ滞在に同席していたことも判明。離党勧告を受け、3氏は離党した。
 緊急事態宣言で国民に外出を控えるよう求める中、政府・与党に自粛破りが相次いで発覚し、国民の反発が強まるのは必至。菅義偉首相の政権運営に大きな打撃となりそうだ。
 遠山氏は比例代表九州ブロック選出。1日、議員辞職願を大島理森議長に提出し、本会議で許可された。近く繰り上げ当選者が決まる見通し。
 遠山氏をめぐっては1月29日に資金管理団体によるキャバクラへの支出も明らかになり、幹事長代理を辞任していた。遠山氏は1日、「国民の政治への信頼を深く傷つけてしまった」と記者団に陳謝。出馬予定だった神奈川6区を含め「次の選挙に立候補する意思は持っていない」と述べた。
 首相は田野瀬氏を首相官邸に呼び、副大臣更迭を伝達。後任に丹羽秀樹衆院議員を起用した。大塚氏は役職を辞任。自民党は松本氏らに離党を勧告、3氏は離党届を提出し受理された。
 松本氏は衆院神奈川1区、田野瀬氏は衆院奈良3区、大塚氏は衆院大阪8区選出。松本氏は通常国会召集日の1月18日、都内のイタリア料理店を訪れた後、銀座のクラブ2軒をはしごし、午後11時すぎまで滞在。田野瀬、大塚両氏は1軒目と3軒目で同席していた。
 松本氏はこれまで「(店に行ったのは)一人だった」と繰り返しており、虚偽の説明をしていたことになる。これについて松本氏は1日、記者団に「実は後輩2人と訪問していた。前途ある彼らをかばいたい思いだった」と釈明した。
 議員辞職に関しては、3氏とも後援会と相談したいなどとして明言を避けた。 (C)時事通信社