東京都の小池百合子知事は1日、政府が新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を延長する方針について「ここはこらえどころだ。国と連携して対策に当たる」と述べた。都庁で記者団の取材に答えた。
 小池氏は都内の感染状況について「かなり抑えられてきている」と説明。一方、人と人との接触が再び増えれば感染が広がるとの認識を示し、「コロナ抑え込みの分岐点として対策を守っていただきたい」と呼び掛けた。 (C)時事通信社