新型コロナウイルス対策の感染症法、特別措置法などの改正案は2日午前の参院本会議で趣旨説明と質疑を行い、審議入りした。菅義偉首相は、緊急事態宣言の前段階となる「まん延防止等重点措置」について「個人の自由と権利に十分配慮しつつ運用する」と強調。指定の際は国会へ速やかに報告する考えを示した。立憲民主党の木戸口英司氏への答弁。
 営業時間短縮などの要請に応じた事業者の支援に関し、首相は「経営への影響の度合いなどを勘案して適切に対応する」と説明した。公明党の秋野公造氏への答弁。
 改正案は本会議に続き、参院内閣委員会で審議。3日に成立する見通しだ。 (C)時事通信社