政府は2日の閣議で、国の一般職の常勤職員と自衛官を含め特別職である防衛省の常勤職員のうち、先月21日までに各府省などが報告を受けた新型コロナウイルスの感染者は計1592人だったとする答弁書を決定した。立憲民主党の早稲田夕季衆院議員の質問主意書に答えた。省庁別では防衛省が最多の798人で、財務省174人、国土交通省162人、法務省156人と続いた。 (C)時事通信社