経済同友会の桜田謙悟代表幹事は2日の記者会見で、政府の緊急事態宣言延長に関して、「ここで手を緩めると元に戻ることが懸念されるので、やむを得ない」との認識を示した。新型コロナウイルスのワクチン接種については、「在庫はあるが『誰に』『いつから』という一番大事なところで滞ることが心配だ」と述べ、国と地方自治体の十分な連携を求めた。
 宣言延長の経済への影響に関しては、制限の範囲や規模が限定的だとして、「今まで以上に壊滅的になることはない」と指摘した。 (C)時事通信社