ローソンは2日、飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」を活用した医薬品の宅配を4日から東京都内の3店舗で始めると発表した。店頭で販売している風邪薬や胃腸薬など、処方箋が不要な第2類と第3類の計49種類が対象。新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が広がっており、取扱品目を広げることで消費者のニーズに応える。
 ウーバーが医薬品を取り扱うのは国内初。医薬品の登録販売者がいる店舗で、登録販売者が勤務する時間内に限り注文を受け付ける。使用上の注意事項などはウーバーのアプリで確認し、問い合わせにはローソンの店舗が電話で応対する。
 ローソンは誤配送を防ぐため、おにぎりや飲み物など通常の商品と区別できるよう薬専用の袋に入れて登録販売員が配達員に手渡す。利用状況を見極めながら、ウーバーの宅配サービスでの商品数を拡充する方針だ。
 ローソンは昨年末時点で、全国245店で医薬品を取り扱っている。 (C)時事通信社