東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は2日、自民党本部で開かれた会合に出席し、五輪について「新型コロナウイルスがどういう形だろうと必ずやる」と開催への決意を示した。その上で「やるかやらないかの議論を超え、どうやってやるか新しいオリンピックを考えよう」と呼び掛けた。
 会合には、橋本聖子五輪担当相や日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長も出席した。橋本氏は「東日本大震災から復興する姿を世界に発信するのが東京大会の役割だ」と強調。コロナ禍で参加していいのか選手が不安を抱えているとして、「政府としてもアスリートの不安を払拭(ふっしょく)していかなければならない」と語った。 (C)時事通信社