【ロンドン時事】英オックスフォード大研究者らのデータベース「アワー・ワールド・イン・データ」の集計によると、世界全体で新型コロナウイルスワクチンを接種した人数が2日に累計で1億人を超えた。新型コロナの感染拡大が続く中、各国はワクチン接種を急いでいる。
 日本はワクチンの承認に至っておらず、出遅れた格好だが、政府は2月中旬にも医療従事者から接種を始めたい考えだ。
 国別の人数では、米国が最多で3200万人を突破。中国も約2400万人が接種を受けた。英国も970万人を超えた。
 人口当たりの接種割合では、イスラエルが57%超で大きく先行。ネタニヤフ首相は1月27日の世界経済フォーラムのオンライン会合で「集団免疫で世界の実験室になる」と語っていた。アラブ首長国連邦(UAE)や英国などが、これに続いている。 (C)時事通信社