【ニューヨーク時事】米製薬大手ファイザーは2日、独ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、2021年の売上高が全世界で約150億ドル(約1兆5800億円)に上るとの見通しを明らかにした。
 同日発表した20年10~12月期決算は、全体の売上高が前年同期比12%増の116億8400万ドル。このうち、コロナワクチンの売り上げは1億5400万ドルだった。 (C)時事通信社