日本医師会(日医)と病院団体は3日、新型コロナウイルス患者向けの病床確保の対応策を公表した。各都道府県の医師会と病院団体などによる協議会を立ち上げ、コロナから回復した患者の転院調整に取り組むことを盛り込んだ。感染者の急増に伴い、コロナ患者を受け入れる医療機関の病床が逼迫(ひっぱく)していることを踏まえた。 (C)時事通信社