加藤勝信官房長官は3日の記者会見で、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言解除後、再び対象地域で感染が拡大した場合、同宣言の前段階となる「まん延防止等重点措置」を適用することもあり得るとの認識を示した。
 加藤氏は「一部地域等で感染が高止まりし、再び全県に感染が拡大する恐れがある場合、まん延防止措置を適用し、必要な対策を講じていくことも考えられる」と述べた。 (C)時事通信社