カゴメ=2021年12月期の連結業績は増収、営業利益と純利益は2割程度の増益を見込む。新型コロナウイルス感染拡大を背景とした健康志向の高まりを追い風に、主力の野菜飲料などの販売を強化する。前期にポルトガル子会社で固定資産の減損損失を計上した反動もあり、利益が膨らむ見通し。 (C)時事通信社