【ロンドン時事】英製薬大手アストラゼネカは3日、英オックスフォード大と共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、1回の接種でも約76%の有効性があり、3カ月間持続するとの分析結果を発表した。標準としている2回の接種ではこれが約82%に上昇するという。
 英政府はより多くの人が1回目の接種を受けられるようにするため、2回目の接種までの間隔を最大12週間に延ばした。今回の結果はそれを支持するものとなり、ジョンソン首相は「勇気づけられるデータだ」と語った。 (C)時事通信社