全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)は3日、新型コロナウイルス対策の改正特別措置法などの成立を受け、「改正法の運用に当たっては罰則の適用も含め、『国民の自由と権利への制限は必要最小限のもの』としていきたい」とするコメントを発表した。
 飯泉氏は「迅速な成立への尽力に深く感謝したい」と関連法の改正を歓迎。その上で「緊急事態宣言が解除できるよう国と力を合わせ、全力を尽くしていく所存だ」とした。 (C)時事通信社