【ロンドン時事】世界経済フォーラム(WEF)は3日、今年5月にシンガポールで開催予定だった年次総会(ダボス会議)を8月に延期すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、対面方式の会議開催は時期尚早と判断した。
 WEFは「世界的に入国が制限されており、今年前半に対面で会議を開く計画を立てるのは困難になった」と説明した。新たな日程は8月17~20日を予定している。 (C)時事通信社