大手銀行グループ5社の2020年4~12月期連結決算が4日、出そろった。三菱UFJフィナンシャル・グループを除く4社で純利益が減少し、総額は前年同期比13.1%減の計1兆6191億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、取引先企業の貸し倒れに備えた与信関係費用が3.2倍に膨らんだことが響いた。 (C)時事通信社