【ロンドン時事】英政府は4日、新型コロナウイルスワクチンの複数回の接種に際し、異なるメーカーのものを使った場合の効果を検証する臨床試験(治験)を始めたと発表した。世界初の試みという。もし効果が確認されれば、ワクチンの供給に制約がある中で、使用方法の幅が広がりそうだ。
 これまでは同じメーカーのワクチンを一定の間隔で2回接種してきた。英政府は800人以上を対象とした治験で、米製薬大手ファイザーと英同業アストラゼネカのワクチンを組み合わせ、さまざまな間隔で投与するという。 (C)時事通信社