日本ラグビー協会は5日、トップリーグ(TL)開幕(20日)を控えて行った新型コロナウイルスの一斉検査で、2人の陽性が判明したと発表した。全16チームの選手とスタッフに対し、1月23日~2月1日に1133件のPCR検査などを実施した。陽性者が出たチーム名は公表しなかった。
 TLは1月16日の開幕を予定していたが、6チームで60人以上の陽性者が出たため延期した。今後も検査を毎週実施する。 (C)時事通信社