厚生労働省は5日、埼玉県内の同じ施設の関係者10人から、英国で流行している変異した新型コロナウイルスが検出されたと発表した。同省はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。症状が重い人はいないという。
 同省は、3日に感染が分かった男性と同居する埼玉県の30代女性の感染も発表。国内の変異ウイルス感染者は81人となった。うち30人が市中感染の疑いがある。
 同省と埼玉県によると、10人のうち6人は10歳未満の男女。4人は40代~60代男女で従業員や保護者ら。いずれも1月下旬に感染が判明した。海外への渡航歴や不特定多数との接触はないが、61人が濃厚接触者となり、県が検査を急いでいる。 (C)時事通信社