【ワシントン時事】米商務省が5日発表した2020年の貿易統計によると、国際収支ベース(季節調整済み)の物品取引の貿易赤字は前年比6.0%増の9158億ドル(約97兆円)と、過去最大を更新した。新型コロナウイルス流行に伴う世界的な経済縮小を受け、輸出が大きく落ち込んだ。
 輸出は13.2%減の1兆4348億ドル、輸入は6.6%減の2兆3506億ドル。輸出額は10年以来の低水準だった。民間航空機や自動車関連の不振が目立った。
 国別赤字額の上位は中国、メキシコ、ベトナム。日本は7位と、前年の3位から後退した。トランプ前大統領は貿易赤字削減を掲げて中国からの輸入品の約7割に制裁関税を上乗せしたものの、中国以外を経由した代替輸入が膨らんだ。 (C)時事通信社