住友金属鉱山=2021年3月期の連結業績予想を売上高9040億円(従来予想8580億円)、純利益780億円(460億円)に上方修正した。銅やニッケルの価格が想定を上回る水準で推移する見込みのため。期末配当予想も78円(37円)に引き上げた。 
 20年4~12月期は増収減益。市況の上昇で売上高は伸びたものの、新型コロナウイルスの感染拡大で、チリの銅鉱山で建設を中断したことや、前年同期に国内不動産の売却益を計上した反動があり、利益は伸び悩んだ。(C)時事通信社