島津製作所は8日、物質の表面から新型コロナウイルスを検出するPCR検査試薬キットを開発し、同日売り出したと発表した。これまでは試料採取後のウイルス濃縮から判定まで早くても数時間かかっていたが、100分程度に短縮した。病院など多くの人が出入りする施設での使用を想定している。
 ドアノブや蛇口の表面に付着したウイルスを綿棒で採取し、PCR検査法でウイルスを検出する仕組み。老人介護施設、児童福祉施設などから検査サービスを請け負う会社や医療機関向けに販売する。
 価格は、1キット(100検査分)30万2500円。10万回分に当たる年間1000キットの販売を目指している。 (C)時事通信社