2020年分の所得税などの確定申告が始まるのを前に、お笑いタレントの小島よしおさん(40)が8日、東京都台東区の浅草税務署を訪れ、スマートフォンでの確定申告を体験した。
 「スマホ大使」を浅草税務署長から委嘱された小島さんは、操作要領を見ながら、自身のスマホで申告書を作成。10分ほどで入力を終え、「すごく簡単。アナログタイプの僕でもできちゃう」と笑顔を見せた。
 新型コロナウイルス禍での確定申告について、「税務署に行くということは、交通機関を使って人がいるところに行くので感染リスクも高まる」と懸念。「スマホ申告ならコロナウイルスも、そんなの関係ねぇ!」とお決まりのギャグを披露し、電子申告の利用を呼び掛けた。
 確定申告の受付は16日から。国税庁は緊急事態宣言の延長を受け、期限を1カ月延ばし、4月15日までにするとしている。 (C)時事通信社