いすゞ自動車=2021年3月期通期連結業績予想を上方修正。海外市場を中心に、新型コロナウイルス感染拡大による販売減からの回復が想定以上に進んでいるという。 
 売上高を従来見通しから1000億円増の1兆9000億円とした。営業利益は200億円、純利益は130億円それぞれ引き上げた。
 トラック販売台数見通しは世界全体で56万台で、昨年11月時点より約4万台上乗せした。タイやオーストラリアで新型ピックアップトラックの販売が好調に推移している。
 20年4~12月期は減収減益。回復傾向にあるものの、世界的なコロナ禍の影響で国内外の販売台数は落ち込んだ。(C)時事通信社