【ワシントン時事】8日の米各メディアによると、新型コロナウイルス感染を公表していた共和党のロン・ライト下院議員(67)が7日、死去した。CNBCテレビによれば、これまでに71人の連邦議会議員が新型コロナに感染したが、現職議員が感染後に死去したのは初めて。
 ライト氏は南部テキサス州の選挙区選出で、2019年から連邦下院議員。先月21日、声明で「新型コロナ感染者と接触後、自身の感染が分かった」と公表するとともに、「症状は軽く、自宅から仕事を続ける」と表明した。2週間前から夫人と共に入院していたという。
 一方、米運輸省は8日、ブティジェッジ運輸長官(39)が、警護担当官の新型コロナ感染を受け、14日間の自主隔離に入ると発表した。ブティジェッジ氏は同日朝の感染検査で陰性診断を受け、症状もないという。 (C)時事通信社