政府は9日の閣議で、新型コロナウイルス対策の予備費を1兆1372億円支出することを決めた。感染再拡大に伴う緊急事態宣言が1カ月延長されたことを踏まえた措置。このうち8802億円は自治体向けの地方創生臨時交付金に充て、営業時間の短縮要請に応じた飲食店に支払う協力金の財源を拡充する。
 取引がある飲食店の時短営業や、外出自粛の影響で売り上げが落ち込んだ中小事業者への一時金に2490億円を計上。コロナの感染再拡大の端緒を早期に把握するため、PCR検査を行う費用も確保する。 (C)時事通信社